FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新歓に向けて

2014年02月15日 18:44

冬オフが明け、ホッケー部としての活動も再開したので僕は長い冬が明けたような気分なのですが、世間では歴史的な寒波だとか。まだまだ寒い冬は続くようですね。
その寒さを吹き飛ばすくらいホッケーに熱中したいと思います。

それはそうとして、今回なぜ僕が突然日記の更新を再開したかと言いますと、春が来るからです。
すなわち新歓の季節なわけです。
神戸大学に入学が決まった人たちがどのような部活に入ろうか迷っている時に、部のブログによって印象は左右されかねません。
もし、それがほとんど更新されていないものだったらどうでしょう。
もちろん、それでも入ってきてくれる人もいるでしょうし、ブログを見ない人もいるでしょう。
しかし念には念を、僕を発端として日記を積極的に更新してもマイナスにはならないでしょう。

長い前置きですみません。
というわけで僕は日記を再開したわけです。
僕自身、このフィールドホッケー部に入部したのがとても去年だとは思えないくらいあっという間の一年でした。
気がつけばもう二回生ですか。
もっとしっかりしなくては。
それに反して僕はこのホッケーを通してとても一年前までは他人だったとは思えないくらいかけがえのない仲間を得ました。
こういってしまうとすこしくさい気がしますが。
これだけ並べて置けば新入生のみなさんも少しは良い印象を受けてくれるでしょうか。

さて、本題に入りましょう。
冬オフを明けて僕たちがまず取り組んでいるのは基礎体力及び基礎技術の向上です。
何事においても基礎がしっかりしていなければいけません。
逆に言えば基礎さえしっかりしていればある程度のチームになることができるわけです。
私たちの当面の目標は「走り勝てるチームになる!」といったところでしょうか。
これはただ単に体力をつければいいというのではないでしょう。
私は自分のチームがボールを持っていたり勝っていたりして有利な時こそ走り回ることのできるチーム、それが本当に強いチームだと思っています。
ただ、これはわかっていてもなかなか難しく、それを引っ張ることのできる存在が必要であると思うのです。
私自身は忠実な犬として指示されれば走り回る自信があります。
ただ私がこの一年間を通して感じたことは、大学生のチームでは圧倒的な技術がなければチームの柱となりにくいということです。
それぞれがチームのために自分がいまできることはなにかを常に考えることが必要であると思うのです。
それには自分の力、チームメイトの力、相手の力を冷静に判断する必要があると思います。
周りを最大限にいかしつつ、自分を最大限にいかす。
これが勝てるチームではないでしょうか。
それは試合のみで培われるものではなく、日頃の練習や遊びでからも得ることが出来ると思います。
だから、私はもっと積極的に、自主的に意見の交換をする必要があると思うし、それによってチームの方針は決まっていくのだろうと思います。
こいつなら完璧に息を合わせることのできるといった存在が一人でも作ることが大切だと思います。

散漫な文章になってしまいましたね。
とにかく僕はチームとしてのまとまりを持たなくてはならないと言いたかったわけです。
意見交換も大事ですが、まったく反発してしまってはきりがありません。
誰かを中心に置くのであれば、その人を支える形で進めていくのが手っ取り早いと思います。
本当にその人中心に組み立てても全員が信頼できるような人はいるはずもありません。
全員が協力することが必要だと思うのです、もちろん中心も含めて。

少々、偉そうなことを言ってしまいましたね。
所詮は、一回生の戯言です。
流しても流さなくてもかまいません。
僕個人としてはもっと自分一人で試合を決定づけることのできる存在になりたいと思います。
二年後の中心は僕です。
全員の信頼を勝ち取れるように努力して行こうと思います。

この後も誰かが更新を続けてくれたら幸いです。
では、



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kobehockey.blog6.fc2.com/tb.php/1716-133592e0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。