FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エセ関西弁も時には悪くない~大切なのはときめき~

2014年06月13日 01:00

どうもお久しぶりです、実験レポート終了直後で思考停止中の寺本です
2、3回生のなかでは更新してる方だと思ってたのですが前回の更新は10月・・・
8ヶ月もごぶさたしておりました

当時まだ10代の若い若い寺本君が言うには
1回は慣れるのに精一杯、2回前期はリハビリと教習所で多忙。
ようやく"時が満ちた"と

ではそこからの8ヶ月はどうだったのか
。。。失敗と反省の連続、でしたね

実力の認識が、練習の意識が、試合へのイメージが甘かったと言わざるを得ません
さらにその状態で"試合慣れ"なんかを言い訳にして、自分の弱さを認めることが出来ず
正しい努力が出来ず、悪循環に。。

結果が出ないのにホッケー漬けという日々に嫌気がさすことも。
しかし、やはりホッケーは楽しい、おもしろい
ケガから4ヶ月、本当に久々にしたストロークが感動するほど楽しかったことを思い出しました
ホッケーは楽しい。嫌だと思ったのは自分が下手だから、積み上げてきたものが少ないから
自分の甘さに負けず、小さなことから、うまくなって楽しむ!
"うまくやる"じゃなくて"うまくなる"!

この春は色々と悩むことで自分の弱さを痛感させられました
目標のためには辛くてもやらなければならないことがある
当たり前のことですが、大学で自由が増え、辛いことから逃げることが多かったようです
自分の弱さに立ち向かう、これは自分の成長に直接的に関わることで
部活をやっているこらこそ体験できることだと感じます

ここで最近読んだ本から

「将来ビッグになってやる」「いつかは俺だって」
こんなことが口癖の連中は
「もう一度戻りたい」「もうちょっと若ければ」
「人生は甘くない」「人生なんてこんなもの」
なんて言いながらうだつの上がらない人生を終えることとなる

時間が解決してくれるというのは嘘だ
時間は情熱を麻痺させて夢を忘れさせるだけ
時間は勇気を削いで言い訳を上手にさせるだけ

あなたの未来はどこか遠くにあるわけではない
10年後に振り返れば、今、この瞬間が10年前
今は未来の写し鏡
希望に満ちた未来のため、希望に満ちた今を生きよう

未来は遠くにではなく、いつもここにある


この本を読んでから時間を、目標を大切に出来てきました
バイトも勉強も充実し始めています!
筋トレとか通学中勉強とか日記とかはじめちゃったり(笑)
自己啓発本で簡単に啓発できるのは長所ですよね!(笑)

復帰したばかりのころは先ばかりを見てしまってました、、
先の大きな目標で方向性を定めながら、小さな目標で努力を忘れない
うまくなりたい!ホッケーを楽しみたい!これを忘れずに
目の前のことから努力を積み重ねていきます




ブログ書いてないうちに新歓期も終わってしまいましたね
体験会の日に限って雨が降ったり、食材が足りなかったり、他の団体と日程がかぶってしまったり
人数も毎回全く読めないなかでその場その場の判断が大変でしたが
多くの人の協力があり、なんとか大きなトラブルもなく終えました
目標の人数には及ばず、出来ることがあったのではと新歓係としては反省しなければなりませんが
今年の新入生も純粋でいい後輩ばかりです!!
彼らのブログに期待ですね!!
また、新歓をやるなかでホッケー部をアピールする2,3回生の姿を見て、、好きになりました(照)
去年必死に勧誘して入ってくれた後輩が同じような言葉で新入生を勧誘しているのを見るのは
なんだか感動しました、、、同時に年を感じました(汗)
遅刻や荷物忘れは言語道断やけど根は良いやつばっかやなぁと、、言ってることにも年をry(汗)

みんな大好きダョ!ズッ友だょ!

ふぅ、なんとかおっさん臭さを緩和できたな(すっとぼけ)
・・・ズッ友は明らかおかしいな(笑)




後回しになって大変失礼しましたが先輩方の大切さというのも身にしみて感じる日々です
うまくならなければと感じてからプレーを詳しくみようとしていましたが
ホッケーというマイナースポーツでハウツー本もなかなかないなか
こんなに近くに活きた教材があるのかと。
練習した過程も性格も知ってるため、どんな努力が、心持ちが正しいのか実感できます
また、主務やホームページ係といった仕事を引き継ぐ際に
知らないところで様々な仕事で部を支えてくれていたのかと感謝しています

いつもは剽軽な雰囲気の先輩方ですが
怪我したときには頑張れと応援してくれたり、無理するなと心配してくれたり
ミスしたときにはアドバイスをくれたり、慰めてくれたり
そういったことで辛いときを乗り切れたことを思い出します
先輩がいなくなれば自分でなんとかしないといけないと思うと怖いですが強くなります
そして後輩が困っているとき悩んでいるときに声をかけれる先輩になります
試合でも僕が入部したときからずっと試合に出続け、足がつるまで走っていた先輩の姿を見て
試合に出る以上はあそこまで走らないとと体力強化をするきっかけとなりました
得点して思いきり喜ぶ姿をみて、試合に出れてない現状に悔しいと感じ、自分のモチベーションとなっていました

4回生と一緒にホッケーできるのもわずかというのがいまだになかなか信じられませんが
今後の自分のためにもチームのためにも最後まで先輩方の姿を目に焼き付けようと思います
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kobehockey.blog6.fc2.com/tb.php/1722-a9d22b3a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。