スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31 といえば… 

2014年06月22日 17:47

お久しぶりです!だーますです。
 
4回生の引退から1週間、あっという間でしたね。このまま時の流れに飲まれないように、4回生のみなさんに教えてもらったことを忘れないように、かつ、これからの練習で新しいことを吸収できるように頑張ります。

新チームの方針は「ホッケーを知る」
なので練習内容は、まさに基礎から。地味~なことをひたすらにやるわけなのですが、正しいフォームとか他に意識することとかを考えながら練習すると、修正点が多すぎて、これまでの積み重ねが否定されたようで、早くも自分を見失いそうです。(笑)
さらに、あと1~2ヶ月で修正できなければレギュラーが取れないのか、と思うと胸が張り裂けそうです。

気負っても仕方ないので、今はただ目の前の課題をひとつひとつクリアしていくことに重きを置いてやっていこうと思います。
それが先にもつながるはずなので。



現役の人はみんな大体同じようなことを書いているので、また違ったことについて書きたいと思います。

ということで、「31」
この数字から連想されるものといえば……

もちろん「短歌」ですよね!
誰ですか、アイス屋さんとか言っているのは。
短歌の中でも、特に百人一首について書こうかなあと。最近気に入った漫画が競技かるたを題材にしているので。

ぼくも小さい頃は、無理やり覚えさせられて鬱陶しいなぁ…と思ってました。
ですが今となっては、5・7・5・7・7の31音で、四季や気持ちを表現するのは、とても美しいと感じるようになりました。
ちょっとは大人になったのかな…

1~100までの歌は、詠まれた年代順に並んでいて、1の歌と100の歌には、およそ600年の差があるそうです。へえー!
そのほとんどが恋の歌なんですよね。想う心や恨む心がいろいろと詠まれています。
今の人はもちろん、昔の人も恋愛で頭がいっぱいだったのでしょうね。ロマンチックです。

「由良の門を 渡る舟人 かぢを絶え ゆくへも知らぬ 恋の道かな」
どうでもいいですが、今のぼくはこんな感じです。頑張ります。

みなさんもこの機会に、百人一首に触れてみてください!!

どうあがいてもホッケーと繋がらないので、この辺で…。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kobehockey.blog6.fc2.com/tb.php/1742-08853330
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。